とりゅふ家の事件簿

ハスキー犬・トリュフ&ポトフ&スフレの日常は、事件がいっぱい !?

パリの夜景

エッフェル塔の夜景は、シャイヨー宮から眺めるのが最高。


さ、見えてきたよ☆
エッフェル塔
運良くフラッシュが瞬いている時間に着きました。
(毎時00分から5分位しかやってない)


雪とフラッシュの競演だね
エッフェル塔



フラッシュが終わると、こんな感じ。
エッフェル塔
これはこれで綺麗だけどね。



こちらは夜のシャンゼリゼ。
シャンゼリゼ

シャンゼリゼ

シャンゼリゼ

シャンゼリゼ


人の歩かないところは雪が積もってます。
シャンゼリゼ


マルシェ・ド・ノエルを冷やかしながらずんずん歩いて
シャンゼリゼ


コンコルド広場に着きました。
コンコルド広場


振り返るとこんな感じ。
シャンゼリゼ
同じ場所でも、昼間とは雰囲気が全然違いますね。


でも、昔の電球によるイルミネーションのほうが温かみがあって
よかったなー。LED電球だと、なんだか冷たい感じだもの。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


さて、サンジェルマン・デ・プレ教会にやってきました。
サンジェルマン・デ・プレ教会


教会でのクリスマス・コンサートですよ。
サンジェルマン・デ・プレ教会
お客さんもたくさん入りました。


が。


配られたプログラムを見たら、予告ポスターやチラシに載っていた
パリ・オペラ座の歌手とは別人の出演となっておりました。
前日チケットを買ったときにもそのことは告知されてないのよ。
ちゃんとした印刷物が出てきてるんだから、出演者の交替は
数日前にわかっていたはずだと思うのですが。
あんまりじゃん? 

ま、いいけどさ。

主な目的は弦楽合奏によるコレルリの「クリスマス・コンチェルト」。
私たちが12月のコンサートでやった曲がお目当てだったからね。


ただ。


教会の中、暖房が効いておりませんでしたのよ


最初は人の出入りのせいで暖房が効かないのかと思ってたんだけど
いつまで経っても暖かくならず、寒いのなんの
だって、外は雪ですから


歌手の方も、余りの寒さに最初の頃は声が出ず困っているようでした。
3曲目くらいから声が出てきて、演奏もノってきたのですが
いかんせん寒い…

1曲終わるごとに退出するお客さんが続出。

最後の頃、客席はスカスカになってしまっておりました。


お金取る演奏会なんだから暖房くらい入れろよ と思いつつ。
あまりの寒さに足は凍え手はかじかみ感覚がなくなりつつも。
一応音楽家のハシクレとして、演奏会の途中で帰るということが
どうしてもできず、最後まで頑張ってしまいましたわ。おほほ


教会を出た後は、近くのビストロに飛び込み暖を取りました。


ワインを頼んだら、何故かおつまみにこんなものが。
つまみは「おかき」
謎だ…


無茶苦茶に熱いオニオン・グラタンスープで生き返っただよー。

オニオン・グラタン・スープ


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


翌日も雪でした。
午前中は街をブラブラし、ゆっくりと空港へ。
そしたらなんだかものすごい混雑じゃありませんか。
悪天候のせいで、フライトスケジュールが滅茶苦茶になってたんです
私たちの便も1時間遅れで搭乗が始まったものの、動き出したのは
2時間以上後。
これでやっと出発かと思ったのに、「これから翼を溶かします~」とかで
また1時間以上待たされました。

それでもなんとか飛び立ったからよかったものの、その後、翼を溶かす
薬剤が底をついてしまったとかで、フライトキャンセルが相次いだそうです。
その日は2000人くらいが空港に足止めになったとか。
おまけにターミナル・ビルが積雪で屋根が落ちる危険が、なんて避難騒ぎが
あったりもしたようです。
無事帰れてホント運が良かったわ



トリュフハートライン


飛び飛びのドタバタ旅行に長々とお付き合いいただき、
どうもありがとうございました。


さて、

パリでゲットしたハスグッズは、こちら。
ハス帽子


シャンゼリゼのマルシェで買ったハス帽子でございます。
ハス帽子
中国製でございました。



☆★ランキング参加中・面白かったらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

フランスでハスグッズばかり買いあさっていた私たち。
「おれたち、一体何しに来たんだ?」なんて言ってるヒトがいましたが。
ハスグッズ買い出しに来たに決まってるじゃないねぇ(笑)

※予約投稿です。

シベリアンハスキーランキング


スポンサーサイト

パリをぶらぶら

旅行記の続きですが、最後にトリュフたちの動画もありますよ☆



パリ3日目の朝もどんよりとしたお天気で、雪がチラついていました。
セーヌ河畔

セーヌ河畔


ポン・ヌフ橋近くのセーヌ川沿いに行ったよ。
この辺りには、ペットショップとお花屋さんがひしめいているのです。
ペットショップ


生体を売ってるんですよ。
ペットショップ
珍しいでしょ。


一軒のペットショップの中で、何か騒いでるなーと思って覗いたら
どうやら鳥を籠から逃がしちゃったらしく、店員さんたちが
捕虫網を振り回してました(笑)


お花屋さんの数が前よりだいぶ減ってたような気がします。
花屋


動物の置物を売ってましたが。
巨大な置物
ゴリラだの巨大な亀だのって、どんな庭に飾るんだ???


ノートルダム大聖堂に来ました。
ノートルダム寺院
キリスト教徒ではないのに何でしょっちゅう教会に行くかというと、
私たち、暖を取るために入ります。不信心ですんまそん。


中はこんな感じ。
ノートルダム寺院
ステンドグラスが綺麗ですねー。


対岸に渡り、サン・セヴラン教会にやってきました。
サン・セヴラン教会


ここのステンドグラスはちょっと変わってるんですよ。

ふつうのもあるけど
サン・セヴラン教会


こんな抽象画みたいのがいっぱいあるの。
サン・セヴラン教会



懐かしのカルチェ・ラタン界隈をブラブラ。
カルチェ・ラタン
若い頃は、よくこの辺の安ホテルのお世話になったもんです。
夜は大道芸人がたくさん出たりして、遅くまで賑やかなのよ。


丸焼きを売ってました。まだ入れたばかりかな。
丸焼き
焼き色が付いてないと、ちょっと生々しいね



お次はメトロに乗り、モンマルトルの丘の下にあるアベス駅へ。
アベス駅
アール・ヌーヴォーのこの入り口、パリにはもう何ヶ所も
残ってないんですよ。


サクレ・クール寺院へは行かず、ちょいと有名なパンやさんへ。
この辺には美味しパンやさんが数件あるのです。


それから、ちょっと気になっていたビストロでランチをいただきました。
ランチ
これ、ブーダン・ノワール(血のソーセージ)です。
美味しゅうございました。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


さて、その頃ペットホテルにお泊まり中のこの方たちは
トリュフ&ポトフ&チョビちゃん
楽しく遊んでいたようです。

その様子を動画でどうぞ♪


トリュフの「ちょっとちょっと」が可愛い~

トリュフハートライン

☆★ランキング参加中・面白かったらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

次回で旅行記は終わる予定でーす。
綺麗な夜景写真がたくさんあるので期待しててね♪

※予約投稿です。

シベリアンハスキーランキング


カフェとオペラと

エッフェル塔からサン・ジェルマン・デ・プレに向かいます。

街中には、貸自転車のステーションがあちこちにあるんだよ。
ヴェリブ
「ヴェリブ」というシステムです。
好きなところで借りられて、返す場所も自由なの。
パリで始まったシステムなんだけど、今はフランスのあちこちに
広がっています。(名前は各都市で違う)


さて、カフェに入りますか。
カフェ・レ・ドゥー・マゴ


カフェ・レ・ドゥー・マゴだよん。
カフェ・レ・ドゥー・マゴ
カフェの名前の由来は、この2つの中国人形。


軽いランチをいただきました。
ランチ


もちろん、エスプレッソもね♪
エスプレッソ


サンジェルマン・デ・プレ教会です。
サンジェルマン・デ・プレ教会
この教会で、いかにもクリスマスらしい「アヴェ・マリア」の
アルト&弦楽合奏のリサイタルがあるという情報をキャッチし、
チケットを買いました。翌日の夜のお楽しみ♪


この日の夜は、パリ・オペラ座のチケットを買ってあったのです。
夜のオペラ座


緞帳が上がったところ。書き割りのバックです。
舞台正面
田園地帯の絵なのは、オペラの舞台がチェコの田舎だから。


客席の両側は、こんな感じ。
客席

客席


天井はシャガールの絵。
天井


演目は、スメタナの「売られた花嫁」という喜歌劇。
チェコ語での公演でした。(フランス語字幕付き)
舞台
ま、この演目だから派手さがないのはわかるけど、
最近のオペラのセットって簡素過ぎてちょっとつまらないんだよねー。
高いお金払ってるのにさ。


さあ、帰りましょ。
オペラ座の階段


と、外へでたら。


雪が降りしきっておりましたとさ

雪

もうちょっと続くですよ♪ 


トリュフハートライン

☆★ランキング参加中・面白かったらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

※予約投稿です。

シベリアンハスキーランキング


旅行記の続き パリ その1

水戸への介護旅行のため留守をしております。
その間に、中途になっていた旅行記を予約投稿で載せちゃいます~。
とっとと書いちゃわないと忘れちゃうし 



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


アルザスは雪が大したことなかったので、天気を甘く見ていた私たち。
ストラスブールからパリへ戻るため夕方のTGVに乗ったのですが、
遅れてきたうえに、途中から猛吹雪でスピードが出せず。
って、新幹線の意味ないじゃん(涙)
パリのホテルに着くのがとっても遅くなってしまったのでした。


翌日。

数年振りのパリなので、一応シャンゼリゼ通りを歩くことに。


凱旋門ですよ。
凱旋門
寒そうでしょ~。雪がチラついてるんですよ。


彼方に見えるのはデファンス地区。
シャンゼリゼ


さあ、シャンゼリゼでございますわよ。
シャンゼリゼ


向こうにちっちゃく見える観覧車のあるコンコルド広場を目指します。
シャンゼリゼ


通り沿いにノエル・ド・マルシェが出てました。
マルシェ・ド・ノエル


道の向こう側にも、ずら~っとお店が並んでるね。。
マルシェ・ド・ノエル


だけど、売ってるものは、ちょっとね。
どこでも買えるようなものが多くて興ざめでしたわ。
なんたって、本場アルザスのマルシェを見てきちゃってるからねー。


騎馬警官が巡回中。
騎馬警官
ってことは、でっかい落し物に気を付けなきゃってことだわ~。


コンコルド広場に着きました。
コンコルド広場


振り返ると、凱旋門が小さく見えまーす。
凱旋門


横断歩道の真ん中から、どアップで撮ってみました。
凱旋門



さ、この先は気ままにブラブラ行きますよー。


メトロに乗って16区へ。
住宅街をフラフラ歩いて目指したものは、本物の「ショコラ・ショー」。

ふつうのカフェで頼むと、いわゆる「ココア」が出てくるんですけど
本来の意味は ショコラ=チョコレート、ショー=熱い です。
つまり「ホット・チョコレート」ね。

その昔ながらのショコラ・ショーを出すお店があると聞き込んだので
わざわざ飲みに行ってきましたよ。


それがこれでございます。
本物のショコラ・ショー
見た目じゃよくわからないかもしれないけど
チョコレートを湯煎にし、生クリームを入れ、数時間コネコネしたもの。
飲み物というよりドロドロのチョコレートに近い感じでした。
とんでもに濃厚でございましたわ。


カフェを出て、ラジオ・フランスのでっかいビルの前を通り
セーヌ川を目指します。
グルネル橋の脇に建っているのは、本物の「自由の女神」像。
自由の女神
またまた後ろ姿でご免あそばせ。
(カイゼルスベルクでも後ろ姿だったんだよね)


エッフェル塔まで歩くよ。
セーヌ川とエッフェル塔



実は、ここから次の橋までの間に中州があるのです。
セーヌ川とエッフェル塔


川の真ん中が散歩道になってるのよ。
セーヌ川とエッフェル塔

散歩道


近付いてきましたね。
エッフェル塔


真下まで来ました。
エッフェル塔
シャイヨー宮からのライトアップは必ず見に寄るけど
足元まで来たのは久し振り。
大昔、エッフェル塔に昇ったはいいけど帰りのエレベーターが故障して
途中で1時間くらい箱に閉じ込められたことがあるのよねー。


旅行直前に、「エッフェル塔爆破予告」なんてのがあったせいで
辺りは警官&兵士だらけでした。
兵隊さん
アフリカ系の人々の物売りが凄かったけど、厳重警戒のおかげで
付きまとわられずに済みました。


観光地でよく見かける「セグウェイ」
セグウェイ
日本では滅多に見ないよね。


エッフェル塔
続く~♪


トリュフハートライン

☆★ランキング参加中・面白かったらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

※予約投稿です。

シベリアンハスキーランキング


ストラスブールでハス縫い発見!

※予約投稿です。


目を皿のようにしてハスキーグッズを探したんだけど、
このお飾りにもハスキーはナシ。ざーんねん。
ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル


屋台の上の棚にもいろいろ載っているので、
ハスキーはいないかと目を凝らします。
ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル

ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル

ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル

ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル


でも結局何も見つけられませんでした。
ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル


マルシェを出て、ブラブラしながら大聖堂へと向かいます。


お魚屋さん。
魚やさん


牡蛎の盛り合わせ~。
牡蠣の盛り合わせ


オマール海老~。
オマール海老
寒いから、氷は要らないような気がするけどね。


お菓子屋さん。
お菓子屋さん
お菓子の家があるね。


今度は迷わず大聖堂に辿り着きました。
大聖堂


ここのマルシェも相変わらず賑わってますね。
大聖堂前のマルシェ・ド・ノエル

大聖堂前のマルシェ・ド・ノエル

大聖堂前のマルシェ・ド・ノエル

いったい何軒くらいあるのかな。


お土産物屋さんの店先には必ずあるコウノトリのお人形。
こうのとり
「私は歌う」って書いてあるけど、どこか押すと音がするのかしら。


さあ、大聖堂を後にして
大聖堂

大聖堂


またブラブラと歩きます。
可愛い飾り付け



実は、2時位の電車でパリへ向かいたかったんだけど、
満員で席が取れず。
4時過ぎの電車の切符を買ったので、時間が余っちゃったのよ。
ストラスブール
しかしどこにでもマルシェが出てるね。


前にお泊まりしたホテルの近くの橋に行ったら
ストラスブール


白鳥さんたちがいました。
白鳥さんズ
トリュフが一緒にいたら観察できたのにな。


クレベール広場まで戻って来たよ。
クレベール広場


この広場の奥の方にあるマルシェを覗いたら…


縫いぐるみやさんの屋台を発見!

覗き込んでみると、
なんと、屋台の奥の壁際に山のように積み上げてある
縫いぐるみの中にハスキーらしきものを見つけたの☆


お店のおばちゃんに取ってもらおうと声を掛けたんだけど
そのおばちゃんってば。

「あの真ん中辺のグレーのハスキー見せて」と私が言ってるのに
バーニーズを出してきて、「これ可愛いでしょ~」とか言うのよ。

「ちがーう!あっちのが欲しいの!」と言っても
また別なのを出して「ほら、肉球も付いてるのよ」なんて言うしさ。

ったく~。
もしかしてハスキー嫌いなのかしら!?

「ハスキーはもうストックがないから…」と渋るおばちゃんに
もう一押しし、何とかゲットしましたわよ


それが、これでございます。
ハス縫い♪
これ、バルス家がドイツでゲットしてきたものと同じかな?


上から見ると、こんな感じ~。
ハス縫い♪


ポトフそっくりでしょ(笑)

ポトフ


トリュフハートライン


☆★ランキング参加中・面白かったらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

さあ、お次は最終目的地、パリへ向かうよ
ハス縫いをゲット出来たから足取りも軽いわ~♪

シベリアンハスキーランキング


マルシェ・ド・ノエルは楽しい☆

※予約投稿です。

街のどこからでも大聖堂が見えまーす。
尖塔の高さは142mもあり、中世に造られたものの中では
一番高いんですって。
尖塔
1176年から250年もかけて建造されたそうですが。
なんとも気の長い話だわねぇ。


さあ、街を横切って歩くよー。


お菓子屋さんのショーケースを見ていたら
お菓子屋さん


マカロンで飾られた、おいしそうなドレスを発見。わかるかな?
お菓子屋さん


クリスマス・カラーのお花やさん。
花屋さん



この市場は何かな?と思ったら、古本市でした。
古本市
「アルザスの小話集」を買ったよ♪


さあ、ずんずん歩くよー。


いろいろな種類のプレッツェルを売ってるね。
プレッツェル


アクセサリーのお店。カラフルだわ~。
アクセサリー屋さん


こんなネックレス、買う人いるんだろうか???
不思議なネックレス


な~んて、あちこち覗きながら歩いてたら、
どうも道を間違えたらしく、川に出ちゃいました。
川
地図も見ず、テキトーに歩いてたからね。


そんなときは、トラム(路面電車)に乗っちゃうのです。
トラム


車体にも、パンフレットと同じイラストが♪

トラム


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


さ、ブログリ広場に着いたよ~ん☆
ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル
ここのマルシェは、よそより屋台の幅が広くて大規模なの。


どうしても、お菓子屋さんに目がいってしまう私~。
ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル

ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル

ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル


このチョコ、どんぐりそっくり!
ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル


食べ物ばかり見ていたらお腹が空いてしまったので
ここで、ちょこっと休憩。


左は、ジャガイモの細切りをパテにして揚げたもの。
アルザスの伝統料理らしいです。スパイスが効いてました。
軽食
右上は、ヴァン・ショー・ルージュ(ホットワインの赤)
手前は、蜂蜜入りのホット・オレンジジュース。


クリスマス・ツリーも売ってました。
サパン・ド・ノエル
新聞に載ってたんだけど、他の国に比べてフランスは本物の木を
飾ることが多いんだって。


そしてクリスマスといったら、クレーシュ。
キリスト生誕劇の置き物です。
クレーシュ
これは我が家が買ったお安いセット物だけど、


こういうのを一つ一つ買い揃えるのが本式。
クレーシュ
手作りだと小さくても結構なお値段するのよー。


動物のミニチュアもたくさんあるけど、ハスキーは発見できず。
クレーシュ
クレーシュ用は、牧羊犬だけみたい。
ま、聖書にハスキーは出てこないもんね。


でも、家に帰ってから我が家のミニチュア・ハスキーズを
一緒に飾ってみたよ。
クレーシュ
どお?


だけど、怪獣ショーの置き物はちょっと場違いですかね(笑)

クレーシュ


トリュフハートライン

☆★ランキング参加中・面白かったらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

ストラスブール、もうちょこっと続きます。
しつこくて、ごめんあそばせ~

シベリアンハスキーランキング


ストラスブール その2 プチット・フランス地区へ

留守の間に、旅行記を予約投稿でアップしまーす♪


ストラスブール2日目の朝ですよ。
クレベール広場


クリスマス観光用のパンフレットをゲットしました。
クリスマス観光パンフレット
「ストラスブール キャピタル・ド・ノエル(クリスマスの首都)」
と書いてあります。


中はこんな感じ。いろいろな案内が載ってるし写真も綺麗だから
これを見てるだけでも楽しいね。
パンフレット


さて、
人気スポットのプチット・フランス地区を散策しに行きましょう。
プチット・フランス
「プチット・フランス」とは、小さいフランスという意味。


川沿いに、可愛らしい家々が並んでるの。
プチット・フランス


散歩道には雪が積もってます。
プチット・フランス


趣があっていいんだけどね。犬の落し物だらけなのよー。
プチット・フランス


川沿いの広場にもクリスマス市が。
マルシェ・ド・ノエル

マルシェ・ド・ノエル

マルシェ・ド・ノエル
朝から観光客がいっぱい。


お買い物をしたり、お店の飾り付けを眺めたりしながら
プチット・フランス


また川に戻ります。
プチット・フランス

プチット・フランス


ここは観光客に大人気のスポット。
プチット・フランス


観光クルーズ船も、ここを通るのよ。
プチット・フランス

プチット・フランス



これが世界遺産・ストラスブール旧市街の地図。 ※クリックすると大きくなります。
紫色の線は、トラムの路線。本数も多いから、とっても便利。

ストラスブールの地図

1から14まで、囲みの数字があるのがわかるかしら。
これは全部マルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)の場所です。
市内のあちこちで開かれてるから、ちょっと歩くとマルシェに当たるの。
欲しいものだらけでもう大変



トリュフハートライン

☆★ランキング参加中・お気に召したらポチっとな☆★
シベリアンハスキーランキング
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


さ、お次はブログリ広場の大規模なマルシェ・ド・ノエルに行くわよー。
前回は残念なことに終了してたから、リベンジなのだ

シベリアンハスキーランキング


クリスマスの首都・ストラスブール その1

間が開いてしまったけど、旅行記の続きです。
地図で場所をおさらいしましょう。 ※クリックすると大きくなります。
 
最初に行ったのはナンシー。 
フランスの地図
次にストラスブール経由でコルマールまで行き、そこからバスで
カイゼルスブルク村に行きました。(地図にはナシ)
そしてまたコルマールに出て、列車でストラスブールへ。
乗った列車、なんとジュネーブ行きの国際列車でしたよ。
もうクリスマス休暇なので、満員でした。


ストラスブールに到着し、街を散策。
ストラスブール
これは4時過ぎくらいかな。

ストラスブール


実は、毎日雪道を歩いていたせいで私のブーツが傷んでしまい
(ちゃんと日本を出るときに防水スプレー掛けてたのにぃ)
ちょっとヤバイ状態になったため、急遽靴屋さん巡りをし
お安いブーツをゲットいたしました。
ストラスブール
靴だけ買おうとしたら、お店のおばさんが、
「ちょっとあんた、一緒に防水スプレー買わなきゃだめよ。」と
どでかいスプレ缶ーを出してきました。
もっと小さいのはないの?と聞いたんだけど、ないって。
そのうえ、
「これは今プロモーションで中身が2割増しだからお得よ!
 それは革なんだから、スプレーは絶対に必要だし
 ダンナの靴にも使えるのよっ!!!」
と強力に迫られたため、仕方なく特大スプレー缶も一緒に購入。
でもこれが本当にお役立ちで、その後靴に水が滲みることは
ありませんでした。おばさん、ありがとねー。


無事ブーツを買えたので、後は楽しくクリスマス市巡り~。
ストラスブール


大聖堂の前に、ずらっと屋台が並んでいます。
ストラスブール

ストラスブール

ストラスブール

イルミネーションも綺麗でしょ。
ストラスブール


大聖堂が浮かび上がって見えます。
ストラスブール


午後5時には真っ暗に。
ストラスブール


屋台の光がまぶしいわ~。
ストラスブール


可愛いものがいっぱい★
ストラスブール


周りのお店の飾り付けもライトアップ。
ストラスブール

ストラスブール

ストラスブール

ストラスブール

ストラスブール

ストラスブール


大聖堂の裏手には、スケートリンクが出来てたよ。
特設スケートリンク


これは市街地に入るところにある光の門。
ストラスブール


綺麗な夜の街をたっぷりと散策し、ホテルへ。
ストラスブール
今回は市街地の中のホテル・メゾン・ルージュにお泊まり。


すぐ近くのクレベール広場も、遅くまでにぎわってました。
ストラスブール


ちょっと季節外れになっちゃったけど、綺麗でしょ☆
 クレベール広場のクリスマスツリー
さすが、「クリスマスの首都」を名乗るだけのことはあるよね。
この時季のストラスブール、最高です


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 
シベリアンハスキーランキング ←ポチっとな♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


カイゼルスブルクの続き

カイゼルスブール村の続きですよ。

可愛い家ばかりなので、お写真撮りまくり~。
カイゼルスブルク

カイゼルスブルク

カイゼルスブルク


で、こんなものを買ってしまいました。
カイゼルスブルク・マグネット
家の形のマグネットです。
これ、一個一個バラ売りなので、好きな家を選んで飾れるの。


夜になると、照明が灯されます。
夜のカイゼルスブルク


暗くなっても、まだ人がいっぱいいるね。
夜のカイゼルスブルク


街灯もないし照明もギラギラしてないので、ちょっと幻想的。
夜のカイゼルスブルク

夜のカイゼルスブルク


クレーシュ(キリスト生誕劇の模型)もライトアップされてました。
夜のカイゼルスブルク


この夜、レストランで一日早いお誕生日ディナー。
誕生日のお祝い
レストランに日本人ソムリエさんがいらして、わざわざ
日本語で飾り付けしてくださいました。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


翌朝。部屋からの眺めです。前回とは反対側のお部屋でした。
窓からの眺め
折角テラス付きのお部屋でしたが。
寒くって、テラスでくつろぐなんてことはできませーん。


丘に広がるのはブドウ畑。
葡萄畑と城跡
城跡もよく見えました。


朝のうち、雪交じりの雨が降ってたの。
カイゼルスベルク

カイゼルスベルク
しっとりした感じもいいわ~。



この村は、シュバイツァー博士の生誕地。
なので博物館や銅像があったりします。
シュバイツァー博物館


そのすぐ向かいの駐車場に、マルシェが出てたよ。
朝市


クリスマス用品ではなく、食料品&日用品の朝市です。
朝市


村にはスーパーもコンビニもないからね。
朝市

朝市

そして村を後にし、次の目的地ストラスブールへ向かいます。

まだまだ旅は続くよ~♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 
シベリアンハスキーランキング ←ポチっとな♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


カイゼルスブルクで出会った犬

カイゼルスベルクの続きでーす。


ちょうど日曜日だったせいか、ものすごい人出ですよ。
カイゼルスベルク


もちろんみんなのお目当ては
カイゼルスベルク


あちこちで開かれているマルシェ・ド・ノエル(クリスマスマーケット)。
カイゼルスベルク

カイゼルスベルク
みんな精力的にお買い物していました。


お店のショーウィンドウもカラフルで可愛いでしょ♪
カイゼルスベルク


ビールやさん。
カイゼルスベルク
アルザスはビールも有名なのです。


ワインやさんにもサンタクロースがいました。
カイゼルスベルク

ちなみに、フランスではサンタクロースのことを
「ペール・ノエル」といいます。(ペール=父)


ヴァン・ショー(ホットワイン)とプレッツエルを食べたよ。
カイゼルスベルク

私、正直いってヴァン・ショーは苦手です。
スパイスがキツすぎるんだもん。
ワインはそのまま飲む方が好き~。


わんこ連れの家族も多いけど、ハスキーはいないねぇ、って
言いながら街を歩き回ってたら、発見したよ!
マラミュート姉妹
ハスキーかと思ったら、マラミュートちゃんでした。


しかも2匹連れ。
マラミュート姉妹
向こうの子はアクビしてますね(笑)


パパったらチュッ されてご満悦。
マラミュート姉妹


相当気に入られちゃったみたい。
マラミュート姉妹


すごく懐っこい子たちでした。
マラミュート姉妹
我が家にはハスキーが2匹いて、名前が「トリュフ」と「ポトフ」だと
言ったら、いつも通り爆笑されました~。
(トリュフには「犬の鼻」の意味あり)


そしてお土産屋さんでは、こんなものをゲット
ぬいぐるみ大漁

右のハスキーちゃんは前回来た時に買ったお土産屋さんで
まだ売ってたの。もしかして売れ残り?
左のは、タバコやさんの店先の籠に入っているのを見つけました。
真ん中のは多分オオカミだと思います。
(アニメか何かのキャラクターかも)


ついでに、こんなリュックも買っちゃいました。
サンタリュック
人間の子ども用なので、ヒモがちょっと短いんです。
チクチクして、次のクリスマスにはポっちゃんに背負わせようっと。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


さて、新年が開けましたね~。
みなさま、どんなお正月をお過ごしでしょうか。


とりゅふ家は、もちろん、初詣ならぬ

初・電車詣をして参りました(笑)
電車もうで


新年早々、舌チロで電車に夢中のポトフです。
舌チロぽとふ


トリュフもいい笑顔だわ~。
トリュフ

今年もいい年になるといいね


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


クリスマスの里へ

おふらんす3日目。
ナンシーからクリスマスの里カイゼルスベルクへ移動します。

が。

駅は大勢の人でごった返しているじゃあーりませんか
大雪のせいで列車の運休や遅れが相次いでいたのよ。


乗る予定だった列車もなかなか到着せず、案内板にホームが
掲示されません。
やっと掲示されたのでホームに向かったのですが、列車は
全然来る様子がなく。
吹雪なのでホームの屋根なんてないも同然。
みんなで雪だるま状態になりながら30分以上ホームにおりました。

ナンシー駅は吹雪


で、やっとこさ列車に乗り込み、猛吹雪のナンシーを脱出。
ストラスブールでコルマール行きに乗り換えです。


途中まで吹雪で真っ白の世界だったのに、ストラスブールには
ほとんど雪がなくてビックリ。

次に乗った列車でコルマールに着いたら、もっと雪がなかったよ。
これはコルマールの駅です。
コルマール駅
歩道の雪も解けてました。


ここから「クリスマスの里」として有名な小さな村
カイゼルスベルクを目指します。
日曜日は村行きのバスが運休だからタクシーに乗るしか
ないかな?と思ってたんだけど、ちょうどこの日まで
クリスマス市のための臨時直行バスが出てることを発見。
一人2ユーロの格安料金で村まで行くことができました。
(通常料金の半額くらい)
バスのチケット


コルマールの郊外に、こんなものがあるんだよ。
自由の女神
後ろ姿だけど、自由の女神像です。
これを創ったゲージツ家さんがコルマール出身なの。


両脇は延々とブドウ畑が並んでいます。
クリスマスの里目指してドライブ
アルザスワインになるんだね。

ちなみに、アルザスワインといったら「白ワイン」が定番でしたが
最近はピノ・ノワールを使った赤ワインの評価が上がってきています。
なかなか上品なお味で美味しいんですよ。


10kmほど走ると、カイゼルスベルクに到着。
カイゼルスベルク村


なんか、すごい人なんですけど。
カイゼルスベルク村


前回は大晦日に来たので、スッカスカだったんだよね。
カイゼルスベルク村
みんなマルシェ・ド・ノエル(クリスマスマーケット)目当ての
観光客です。結構遠くからも来てるみたい。


くるっと歩いて一周出来ちゃうようなちっちゃな村だけど、
建物も飾り付けも可愛い~♪
カイゼルスベルク村

カイゼルスベルク村


丘の上に見えるのは、城跡です。
カイゼルスベルク村

さあ、クリスマス気分を満喫しましょ☆
カイゼルスベルク村

お写真がたっぷりあるので、続きはまた明日ね。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


ゆうべ、パパがトリュフをマッサージしていたら
脇腹にちっちゃなしこりがあるのに気が付いたの。
感触からいって脂肪腫だろうなとは思ったけど、心配だから
今日動物病院に行ってきました。
簡易検査の結果、やはり脂肪腫のようです。
トリュフ
悪性ではなさそうですが、しばらく様子を見ることになりました。


獣医さんに
「それにしても、よくこんなに小さいうちに見つけられましたね」と
言われたけど、前の子たちもよく出来てたのよねー。
トリュフ
トリュフもそろそろ“お年頃”だから、いろいろ気を付けないとね。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


極寒のナンシー二日目

アール・ヌーヴォー様式というのをご存じですか?
こんなウネウネした感じの庇とかがそうです。
街のあちこちにアール・ヌーヴォー


ランプの笠がキノコみたいで、支柱に蔓がからまってる
エミール・ガレのガラス作品が有名なアール・ヌーヴォー。
直訳しちゃうと「新しい芸術」なんだけど、この様式は
ここナンシーが発祥の地。
それまでのロココ様式のキンキラキンとは全然違います。


それらの作品を集めたナンシー派美術館へ、
雪をかき分け(笑)、向かいます。
郊外も除雪してよ~
街外れだから、除雪もテキトーでもう大変


このお屋敷が美術館。パトロンのお屋敷だったんだって。
ナンシー派美術館


残念ながら中は撮影禁止なので写真はありませんが、
家具から何からウネウネのアール・ヌーヴォーの部屋には
住みたくない。と、思ってしまった私でございます。


だって、部屋中こんなのばっかりなのよー。
夜は怖いかも。


街中に引き返し、大好きなマルシェ(市場)へ。
ここは常設の建物です。

野菜や果物がい~っぱい。カラフルですね。
市場


お魚コーナーも活気があります。
市場


ウナギも売ってたよ。
うなぎ
ふつう、赤ワインで煮込んで食べます。


南国の果物もいっぱい。
フルーツ売り場


こんな変わった野菜も売ってました。
ロマネスコ・ブルターニュ
最近、日本でも売られてるらしいけど珍しいよね。


マンダラン(みかんとオレンジの合いの子みたいなやつ)を
買ってホテルで食べました。
マンダラン


外の市場では、クリスマス向けに(?)お子様ドレスを売ってたよ。
ドレス
さすがヨーロッパですね~。


さて、

あまりの寒さにこれ以上歩きまわるのは命が危険と思った私たち。
ホテルのすぐ近くの劇場でバレエ公演があることをポスターで知り
地元のダンス・カンパニー主催だし有名ダンサーは出演しないけど
屋内にいられるなら何でもいいや、というゲージツに対してえらく
失礼な態度で、予定外のバレエ鑑賞をしてしまいました。
バレエ鑑賞
演目は「ロミオとジュリエット」
これはカーテン・コールの様子です。


感想は、、、、、



えーっと、ですね


主役級の方たちはお上手でしたが、ジュニアクラスの子たちは
学芸会状態でございました。
でもそんなことより、ロミオ役のダンサーさんが
敵役にハンサム度やスタイルでかな~り負けていたため、
ジュリエットがロミオに恋焦がれる気持ちに感情移入できず。
バレエ鑑賞
ロミオさん、せめて髪がフサフサしてればなぁ。。。


そして夜。
夜景


レストラン街を物色しながら歩いていたとき、


悲劇は起こりました。

夜景


滑ってバランスを崩したパパが、
肩から掛けてた一眼レフカメラを落としたのです!


写せないことはないのですが、レンズが動かなくなりますた(涙)
あうう。。。

修理にいくら掛かることやら…



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


お泊まり中のトリュフ&ポトフ。
お泊り中のわんこたち
小さいお友だちとも仲良くやってたようです。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


一日目:パリからナンシーへ

17日の早朝。
雪が降ってたけど、時間通りのパリ到着でした。
そこからRER線(パリ郊外鉄道)に乗ってパリ北駅へ出、
メトロに一駅だけ乗って東駅へ。
歩ける距離なんだけど、スーツケースがあるからね。

朝7時でも、こんなに真っ暗なのよ。
パリ東駅前


早割激安チケットを買ってあった7:15のTGV(フランスの新幹線)に
乗り込み一路、東へ。ロレーヌ地方のナンシーへ向かいます。


パリでは小降りだった雪が途中からどんどん強く降り出し
真っ白な風景の中を走って行きました。


1時間半ほどでナンシーに到着。
雪は止んでたけど、結構積もってました。
中途半端に除雪してあるので歩きにくいのなんの


ナンシーにもトラムが走っています。
ナンシーのトラムウェイ
レールが一本で、しかもゴムタイヤなのは珍しいらしいですよ。
乗り心地は、ちょっと揺れが強いかな。


広場にマルシェ・ド・ノエルを発見。
雪に埋まってるマルシェ・ド・ノエル
後で覗くことにして、ずんずん歩きます。


ご立派な門が見えてきました。
スタニスラス門
スタニスラス門です。


これを抜けてしばらく行くと、キンキラキンの門があり
門がキランキラン


この先が、世界遺産のスタニスラス広場です。
世界遺産・スタニスラス広場
正面右奥の建物はホテルなんだけど、なんと、あの
マリー・アントワネットがお泊まりしたことがあるんだって。
今でもホテルとして営業しています。


広場には雪がたっぷりと積もってました。
世界遺産・スタニスラス広場


噴水がありますね。
噴水


ロココの傑作といわれる「ネプチューンの門」ですが
噴水
思い切り凍ってます


ううう。見ただけであの時の寒さが甦ってくるわー
噴水


これがスタニスラス像。
スタニスラス像
ポーランドの国王だったんだけどロシア軍に追われて
フランスに亡命し、この地方を統治したんですって。
それにしてもスタニスラスって言いにくい


ロココ調のキンキラキンがやたらと目立ちます。
キラキラの門


この先も雪しか見えないけど
キラキラの門


カリエール広場です。ここも世界遺産なのよ。
カリエール広場
とはいっても、単なる雪野原にしか見えないわ~。


雪の中を一生懸命歩いて行くと見えてきたのが
クラッフ門


クラッフ門。いかにも中世の門って感じよね。
クラッフ門


この先に綺麗な公園があるらしいのですが、どうせ行ったって
雪野原にしか見えないことはウケアイなので、行きませんでした。
それにもう寒くて足の感覚がなくなっちゃってたし

寒さを凌ぐため、教会に入ったり美術館に入ったりして
ときどき暖を取りながら歩きまわり、


先程のマルシェ・ド・ノエルまで引き返してきたよ。
マルシェ・ド・ノエル


マルシェの規模は小さめですが、キチキチにお店が並んでいて
ヴァン・ショー(ホットワイン)が飛ぶように売れていました。


しかし、こんなに物を吊るして、ひさしが落ちないのかしらね?
マルシェ・ド・ノエル


マルシェの一角に、小さな公園のようなものが。
マルシェ・ド・ノエル


実はこれ、全部売り物のクリスマス・ツリーなのよ
マルシェ・ド・ノエル


歩いていたら、サンタさんを発見!
マルシェ・ド・ノエル


お願いしてツーショットを撮ってもらっちゃいました

マルシェ・ド・ノエル



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


昨日のお散歩は、電車の観察に行ったよ。
トリュフ


久し振りだったので、とても真剣に観察していましたとさ(笑)

ポトフ

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


ノートルダム大聖堂


雪かみぞれが毎日降ってます。
こんなに寒いパリは初めてだわ~。

シベリアンハスキーランキング


エッフェル塔



エッフェル塔の昼と夜です。

シベリアンハスキーランキング


パリオペラ座


昨日はパリの街をぶらぶら歩き、夜はオペラ鑑賞しました。
写真は、オペラ座天井のシャガールの絵です。

シベリアンハスキーランキング


アルザスからパリへ


写真は昨日歩いたストラスブールのプチット・フランス地区。
また首を曲げて見てね~。
運河沿いに可愛い木組みの家がずっと並んでいるの。

市内のあちこちで開かれているマルシェ・ド・ノエルを巡り
クリスマス気分を堪能し、夕方のTGVに乗車。
雪のせいで随分遅れたけど、無事パリに到着しました。

さあ久しぶりのパリ滞在。どこ歩こうかな♪

シベリアンハスキーランキング


ストラスブール


ストラスブールにやって来ました。

やっぱりノエルはストラスブールだわ~。
飾り付けもライトアップも、とっても素敵☆
マルシェ・ド・ノエルも、よそとは規模が全然違います。
昼間にパラついてた雨が夜には雪になって
寒いけど幻想的で、うっとり~。

シベリアンハスキーランキング


大雪の中カイゼルスベルクへ


昨日はナンシーが大雪。
電車が遅れに遅れて大変でした。
でもドイツ寄りのストラスブールに着いたら、雪がほとんどない!
コルマールなんて、歩道が乾いてるし。
お泊まりするカイゼルスベルクは晴れてたよ。

村はマルシェ・ド・ノエル目当ての観光客で大賑わい。
夜まで人がいっぱいでした。

シベリアンハスキーランキング


大雪の中カイゼルスベルクへ


昨日はナンシーが大雪。
電車が遅れに遅れて大変でした。
でもドイツ寄りのストラスブールに着いたら、雪がほとんどない!
コルマールなんて、歩道が乾いてるし。
お泊まりするカイゼルスベルクは晴れてたよ。

村はマルシェ・ド・ノエル目当ての観光客で大賑わい。
夜まで人がいっぱいでした。

シベリアンハスキーランキング


夜のスタニスラス広場


また首を曲げて見てね。

昨日の写真と同じ場所、
世界遺産のスタニスラス広場の夜景です。

この寒さの中、カフェのテラス席にいる客っていったい…。

シベリアンハスキーランキング


雪のナンシー


この写真、ケータイで撮った横長写真なので、首を曲げて見てくださーい。

フランスは、この先もずっと雪の予報です。
雪景色はとっても綺麗だけど、とにかく寒いっす。 。。

シベリアンハスキーランキング


おフランスに到着


早朝4時過ぎにパリ到着。
雪が舞っており、気温は-2℃

この写真はパリ東駅前。朝の7時だけど、まだ真っ暗です。

乗ったエールフランスの機長さんがラスト・フライトで、
挨拶があったりして機内が盛り上がってました。
機長さん、制服の背中にいっぱい寄せ書きされてて(笑)
最後の挨拶は感極まって、ちょっと涙声でしたよ。

今はナンシーに向かうTGVの中です。
8時を回り、少し明るくなってきました。
真っ白な雪景色の中を走ってます

さあ、旅の始まりだ

シベリアンハスキーランキング


おふらんす最終日は雨?

おふらんす最終日、朝起きたら霧雨が降っていました。
雨のカンペール
傘を差すほどじゃなかったけどね。


霧に煙る街も、それはそれで綺麗♪
雨のカンペール

雨のカンペール


ところで、あの花で飾られた綺麗な橋。
一か所だけ閉鎖されてました。
橋


見ると、支えの柱がボ~ロボロで今にも崩れそう。
橋
こりゃ危険だわね。


閉鎖はされてませんでしたが、高所恐怖症のパパが通れない橋もありました。
橋

橋
下が見えるとダメらしいです。


川沿いにどんどん歩いて行くよ。
カンペール


裁判所の前に、法曹服を着た人たちがたむろしてました。
裁判所


この先は海だよ。
川


カモメさんが、朝ご飯を食べてました。
蟹をゲットしたカモメさん



さて、カンペールという街の名前、
どこかで聞いたことのあるな?という人がいるんじゃないかしら。

実はこの街、カンペール焼という陶器で有名な街なのです。
カンペール焼の陶器
素朴な絵柄の食器です。


カンペール焼で有名な工房にやってきました。
HBアンリオ工房です。300年以上の歴史があるんだって。
HBアンリオ工房
ここの製品はすべて手描きで絵付けされます。


重いからどうしよう…と思ったんだけど

買ってしまいました。
買っちゃった
お皿と、持ち手付きカフェオレ・ボウル。


この絵柄は伝統的なもののようで

街を走る観光用プチ・トランの車体にも描かれています。
プチ・トラン

プチ・トラン
可愛いでしょ。


歩いているうちに、だんだん明るくなってきました。
カンペール


カフェが人で溢れるお昼頃には
カンペール


完全に晴れちゃったよ
カンペール


今日は一日雨の予報だったのに~。
カンペール
さっすが、スーパー晴れ男大明神

結局、フランスで一度も傘を差すことはありませんでした。
すごーい


そしてカンペールを後にしてTGVに乗り(4時間半!)
TGVの車内


モンパルナス駅に到着。
パリに到着
ここから空港に向かい、日本への帰路に着いたのでした。


お・し・ま・い。


トリュフ&ポトフ

え? え~っと、あのー、そのー…


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*

実はこの日記、予約投稿でございます。
10日は、軽井沢で49ハスにまみれて遊ぶ予定なの♪
予報では雨だけど、晴れ男パパのパワーで何とかなるかな!?
(風邪引いちゃってるから、パワーないかもだけど



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の参加受付中です!
みんなでハスまみれになりましょうね♪

応募要項や参加受付については、「ふーが日記」をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


マルシェで見たものは

マルシェ(市場)にも行きましたよー。
市場にて
りんご、さすがに地域特産だけあって、たくさんの種類が売られてました。
日本のリンゴもあったよ。


地域特産といえば、お菓子の「クイニー・アマン」
クイニー・アマン
数年前に日本でも流行ったよね。


メレンゲのお菓子も、あちこちで売られていました。
メレンゲ菓子


これは屋内市場の魚屋さん。大繁盛だね。
魚


魚介類がいっぱい。
魚


こんなこというとなんですが、フランスの市場の魚で
美味しそうなの見たことなかったんだけど。
だって、ふつう外でもむき出しで、単に氷の上に並べて売ってるのよ。
ハエはたかるは、お昼頃には氷も解けちゃうわで生臭くなって…


こんなに新鮮で美味しそうなお魚ちゃんたちを見るのは初めてでしたわ。
魚
ここのなら買ってもいいかも。 って、旅行中だから無理だけどー。


市場内に、グレートデン2匹連れてる人がいました。
犬連れOK
お利口だなー。


ふっと反対側の出口の方を見ると、あれ? ハスキー???
ハスキー?


慌てて望遠で撮ってみたけど、顔が見えなーい
ハスキー?
ちょっとハスキーにしては大きいような気もしたけど
きっとハスキーだ。と、思うことにします。
だってさ、お利口なグレートデンちゃんズに比べて、明らかに
あちこちに興味津々で、フラフラしては怒られてたんだもん。
それって絶対ハスキーだよねぇ(笑)


さて、食べ物ついでに、夜のガレット・フルコースですよ。

まずはパパの「アンチョビー&トマト&チーズ」
ガレット


私のは、見た目じゃわかりませんが、中にでっかい
スモークサーモンが入ってます。
ガレット


こんなんでお腹いっぱいになるのか?と思われるかもしれませんが
これがねー、一杯になるのよ。
メニューによると、ホタテ入りだとかステーキ入り(切ってある)
なんかもありました。ガレットが主食なんだね。


メインにそういうおかず入りガレットを食べて、
デザートに甘いガレットかクレープを食べるのがこちら風。


ということで、デザートを頼んでみました。

青い炎がわかる? 蒸留酒を掛けてフランべしてます。
ガレット
美味しゅうございました。


別の日には、こんなのも食べたよ。
ガレット
中に、フランクフルトがゴロンと入ってました。
何でもありなんだね(笑)


これ、お茶じゃないのよ。
シードル
ガレットのお伴、シードルです。
陶器のピッチャーで出てきたのを、お茶碗で飲みます。


シードルやカルバドスに使うりんごは、小さくて
ものすごく酸っぱいんだって。
齧ったら思わず吐き出しちゃうくら酸っぱいそうです。
りんごの木

りんご



あ、退屈しちゃった?
鼻だけ~
カーテンの陰に隠れちゃった子がいるよ


ごめんねー、あとちょっとだからさ。飽きずに付き合ってよー。
鼻だけ~


ところで、これは誰だかわかりますか?

誰のお鼻?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*

第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の受付が始まっています!
あなたの参加を待ってますよ~。
みんなでハスまみれになりましょうね♪
応募要項や参加受付については、「ふーが日記」をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


花の綺麗な街 カンペール

旅の後半は、カンペールに3泊しました。
5世紀頃に、イギリスから来たケルト人が作った街なんだって。
「Quimper」は、ブルトン語で「川の合流点」という意味だそうです。


その名の通り、ふたつの川が流れていて(これはオデ川)
花で飾られた橋


その川沿いがとっても綺麗なの。
花で飾られた橋


橋の欄干が、花で溢れているんです。
花で飾られた橋

花で飾られた橋

花で飾られた橋

花で飾られた橋

花で飾られた橋


川の水もわりと綺麗で、お魚さんがたくさんいました。
魚がいっぱい
トリュフを連れてたら喜んだろうな~。


川沿いに劇場があったけど、シーズン前で閉鎖されてたよ。
劇場
中を見たかったわー。


カンペールにも、木組みの家がたくさんありました。
カンペールの街並み
補修や改修も、違和感ないようにされてますね。


石造りの重厚な建物や、木組みと石を組み合わせた家もあったよ。
カンペールの街並み


これ、クレープ屋さんなんだけど。ゆがんでない?
カンペールの街並み


正面の可愛い家は、お土産屋さんです。
カンペールの街並み


舗道は、すべて石畳。
カンペールの街並み


街のどこからでも教会の尖塔が見えるので、道に迷う心配はありません。
カンペールの街並み


これ、洗濯物じゃないわよー、旗ですよ~。
カンペールの街並み


ブルターニュの紋章の旗だね。
カンペールの街並み


紋章といえば、こんなのも売ってましたけど(笑)
水着
これ着てる人、海岸では見かけなかったですわよ。
誰か、着てみたい人いる?(笑)


これは、教会の前にある博物館です。
ブルターニュ博物館


これが昼間のサン・コランタン大聖堂。
サン・コランタン大聖堂


夕陽が当たると、こんな感じになります。
サン・コランタン大聖堂


教会の奥の方が、微妙に曲がってるのがわかりますか?
サン・コランタン大聖堂
これはブルゴーニュ・ゴシック様式なんだけど、13世紀にここを造るとき
前に建っていた11世紀のロマネスク教会の土台を再利用したので
身廊と内陣が真っ直ぐにならず、角度がついちゃったらしいですよ。
でも、キリストの頭の傾斜に合わせてるんだ、なんて説もあるそうな。


えーと、これは何だったかな
サン・コランタン大聖堂
その場では説明読んでわかったつもりになってたんだけど
忘れちゃっただー。 ま、誰か聖人でしょう。(←テキトー)


あ、これは覚えてる。
「戦死者の霊を慰めるキリスト」とかいう題のモザイク画。
サン・コランタン大聖堂
確か現代の有名な作家さんの作品だった…と、思う。


色鮮やかなステンドグラスが綺麗でした。
サン・コランタン大聖堂


その色ガラスを通した光が、柱に当たってたよ。
サン・コランタン大聖堂
昔の人は、こういうのにも「神様」を感じちゃったりしたかもね。



あれ?
なんか、雑音が聞こえてくるぞ???

文句垂れトリュフ
あー、はいはい。すみませんね。


トリュフ&ポトフ
そんな仏頂面しないでよ~。あとちょっとで終わるからね。

と、思うよ…



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の受付が始まっています!
そこのアナタ、もう申し込みはお済みですか?
みんなでハスまみれになりましょう☆
応募要項や参加受付については、「ふーが日記」をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


おふらんす旅行6日目 絵のような村を訪ねて

さあ、おふらんす旅行記もラスト・スパートですよ♪


毎日、巨大な石だの崖だのと、まるで秘境の旅みたいでしたが(笑)
綺麗なところにも行ったのです。


おふらんす6日目は、Pont-Aven (ポンタヴァン)という小さな村に行きました。
ポンタヴァン


この奥にあるレストランに、ランチの予約をしてたのです。
レストランの前


Le Moulin de Rosmadec (ル・ムーラン・ド・ロズマデック)
レストラン


毎日安宿に泊まっていた私たち。
だって、わんこ様のホテル代より安いとこばっかりだったんだから。
移動もバスだし、節約してたのよねー、この日のために。


ふっふっふっ。


前菜は、フォアグラでございます。
フォアグラ
すみません、写真撮る前に齧っちゃいました。


次に、こんなエプロンを装着させられましたよ。
エプロン
絵柄でわかっちゃうよね?


そう、

出てきたのは、特大のオマール海老☆
オマールエビ


あああ、なんという贅沢
オマール海老


デセールも可愛い♪
デセール

デセール


店内はこんな感じ~。
レストラン
ミシュランの星付きなんですよ。大満足でございました。


レストランのすぐ脇を、アヴァン川が流れていて
水車小屋がいくつか残っています。
ボンタヴァン


川沿いを、少し歩いてみたよ。
ボンタヴァン


素敵でしょ。
ボンタヴァン


ここには、タヒチに移住する前のゴーギャンが住んでたんだって。
で、ゴーギャンを慕う画家たちが集まって芸術村ができ、
「ポンタヴァン派」と呼ばれたそうですよ。


確かに絵になるよね。
ボンタヴァン


ある詩人には、「柳の谷」と讃えられたとか。
ボンタヴァン

ボンタヴァン


川の先は、海です。
ボンタヴァン


村にも立派な教会がありましたが、
教会


1kmほど丘を上ったところにある礼拝堂へ行ってみました。
トレマロ礼拝堂


トレマロ礼拝堂です。素朴でしょ。
トレマロ礼拝堂


中もいたってシンプル。
トレマロ礼拝堂


ここに、ゴーギャンの絵のモデルに使われたキリスト像があるんですよ。
黄色いキリスト像


「黄色いキリストのある自画像」という絵のバックが、この像なんだって。
黄色いキリスト像


礼拝堂の裏手は、白樺並木になってました。
白樺並木


の~んびり散歩を楽しんで、村に戻り
ポンタヴァン


帰りのバスを待つ間ウィンドウショッピングをしていたら、

こんなもの発見
売りものではありません
お店のビーグルが、ショーケースに顔を突っ込んでおりました(笑)



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の受付が始まっています!
今年は何匹集まるかな。みんなでハスまみれになりましょうね♪
応募要項や参加受付については、「ふーが日記」をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


地の果てを目指して ラ岬

午後の時間を有効に使うべく、観光案内所に頼んでタクシーを呼んでもらいました。
そして向かった先は、ロクロナンから10km少し先の「ドゥアルヌネ」という
舌を噛みそうな名前の街。
でもそこが目的地ではなく、そこからまたバスに乗るのです。
なんだかバスに乗ってばかりだね(笑)


地図を載せます。 下の丸囲みが、海岸や巨石群を見て回ったところ。
左の丸囲みが、今回回っているところです。
地図


着いたところは、ラ岬。
標識
「Pointe(ポワント)」は、つま先=岬、「Raz」は急流。


早速観光案内所に地図を貰いに行きますよ。
観光案内所
係のおじさんが、岬の突端までのルートを丁寧に教えてくれました。


テクテク歩いて行くよ。
ベリー


道端に、数種類のベリーが実ってました。
ラ岬


おお、先端が見えてきたね。
ラ岬
なんか、毎日石や岩ばかり見てる私たちだわ~。



ここはフィニステール (地の果て)県の突端なので、パンフレットには
「Bienvenue au bout du monde (ようこそ、世界の果てへ)」と
書かれているんですよ。確かに、そういう雰囲気だよね。

日本だと、観光地には歌謡曲が大音量で流れ、「地の果て饅頭」とか
売ってたりするけど、フランスではそういったことはありません。
大自然を五感全体で味わうことができます。


わざと崖っぷちを歩き、下を覗き込む高所大好き症な私~。
ラ岬

ラ岬


カモメが岩の突端にいたので
ラ岬


私も負けじと先っぽまで行ってみました。
ラ岬


パパがね、「落ちないでくれよ~」とあんまりしつこく言うので
心配してくれてるのかしら?と思ったら、
「こんなところで事後処理するの、面倒でヤだからな。」ですって。
あんまりじゃない? ぷんぷん

ラ岬


岬の突端まで行けるらしいのですが、それにはトレッキングの装備が必要だね。
ラ岬


この日は、挑戦している人はいなかったよ。
ラ岬
行ってみたかったなー。


右側にも岩がせり出しています。
ラ岬


先っぽに行こうとしたら、犬連れの人が狭い岩場を占拠してたの。
ラ岬


私が近づこうとしたら、ワンコに威嚇されてしまい、行くのを断念。
ラ岬
ちぇっ。


上の方を見上げると、こんな感じ。
ラ岬


かすかに見えている建物は
ラ岬


マリア像(左)と、気象観測所です。
マリア像と測候所


いかにも地の果てって感じよねー。
ラ岬


帰り道は、一番海沿いのルートで。
ラ岬


下を見下ろしながら楽しく歩いて参りましたわ。
ラ岬


ふっふっふっ。
ラ岬


途中にあった十字架です。
道端の十字架
なんか、変わってるよね。


テラスに戻って来ました。
テラス
お土産物屋さんやクレープリーが軒を連ねています。


たくさん歩いたから、とりあえずビール♪
ブルターニュ・ビール
右は同じ銘柄の生ビール。微妙に味が違うのよ。


アルザスのお土産物屋さんでは「コウノトリ」のぬいぐるみが
たくさん売られてたけど、ここは「カモメ」ですね。
かもめの縫いぐるみ


バスの時間を待ってブラブラしていたら、なんとフランスで柴犬を発見!
柴犬発見


帰りのバスの中からの風景。この辺は風が強い地域だからか
風力発電の風車が、そこいら中に立ってました。
風力発電


こんな昔ながらの風車は、滅多になかったよ。
風車


さあ、お泊まりしている街「カンペール」に戻って来たよ。
カンペール
綺麗な街でしょ。続きはまた今度ね♪



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の受付が始まっています!
もう続々と申し込みがきております☆ありがとうございます☆
名簿用の写真は、正方形に近い形でくり抜きますので、
あまり縦長の写真は向きませんよー。
できれば、写真のタイトルを参加ワンコ名に変更して送ってね。
(間違い防止のため)
応募要項や参加受付については、「ふーが日記」をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


おふらんす旅行5日目 午前の部

前日のうちに、陶器で有名なカンペールという街まで来ましたが、
街の探検はさておいて、またまたバスでお出掛けします。


バスに、フィニステール県の紋章が書かれてました。
フィニステール県の紋章
ちなみに FINISTERE とは、「地の果て」という意味。
フランスの西の一番端っこだからでしょうけど
「地の果て県」だなんて、なんかすごいよね


まずは、バスで16km先の LOCRONAN (ロクロナン)を目指します。
2ヶ国語併記の道路標識
道路標識には、フランス語とブルトン語(ブルターニュの伝統的な言葉)が
併記されてるんだよ。


到着~♪
ロクロナン


ロクロナンは、「フランスの最も美しい村」に認定されている綺麗な町。
ロクロナン


まずは街で一番大きな建物、サン・ロナン教会に入ってみましょう。
ロクロナン

ロクロナン

ロクロナン


ここは、古い木の彫刻作品が有名らしいです。
ロクロナン

ロクロナン

ロクロナン

ロクロナン


この旗に描かれてる人物が、聖ロナン。
ロクロナン
7世紀にアイルランドから布教にやって来た宣教師だそうです。


ステンドグラスの下に、ブルターニュの紋章がた~くさん。
ロクロナン


街には、古い石造りの家が並んでいます。
ロクロナン

ロクロナン


建物の一階部分は、アトリエになっていることが多く
個性的なアクセサリーや芸術作品が売られています。
ロクロナン


歴史博物館に入ってみました。
ブルターニュの伝統衣装が飾られていたよ。
ロクロナン
光っちゃってわかりにくいけど、頭の飾りにご注目
これ、地方によって形や大きさが違うんだって。


被り方の説明が出てたけど、私には出来そうもありません…
ロクロナン


静かな小さい村だけど、フランスだけでなく世界中から観光客が来るそうです。
19-2010-09-20-053.jpg
映画のロケにもよく使われてるんだって。


雰囲気あるものねー。
20-2010-09-20-055.jpg


でも冬は寒々しそう。
21-2010-09-20-058.jpg


外壁の窪みに、マリア像が飾られてました。
22-2010-09-20-054.jpg


坂道を少し下っていくと
23-2010-09-20-037.jpg


小さな礼拝堂がありました。
24-2010-09-20-010.jpg


派手さは全然ないけど、落ち着く感じ~。
ノートルダム・ド・ボンヌ・ヌーヴェル礼拝堂
(ちょっとカビ臭かったけど)


この丸太は何かと思ったら
これは何?


ローソクの献金箱でした。あ、献金柱か(笑)
献金柱


ロクロナン、話に聞いていた通りの綺麗な街でした。

だけど、

中世のままの街並みに感心し、アトリエを冷やかし、景色を楽しんでも
人口800人のちっちゃな村なので、1~2時間もあれば全部見て回れちゃいます。


ところが。


バスは日中一便もないのー。 帰りの便は夕方5時過ぎまで来ないのですよ。
いくらなんでもそんなに時間潰せないし、他にも行きたいところがあったので
移動を試みることにしました。

続く~♪




【本日のおまけ】

お預かり中のトリュフ、シャンプーされるの図。
シャンプー中のトリュフ


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の受付が始まっています!
もう続々と申し込みがきております☆ありがとうございます☆

名簿用の写真は、正方形に近い形でくり抜きますので、
あまり縦長の写真は向きませんよー。
できれば、写真のタイトルを参加ワンコ名に変更して送ってね。
(間違い防止のため)

応募要項や参加受付については、「ふーが日記」をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


とっても不思議な景色を目指して珍道中

ヴァンヌ市内を観光した後、電車でまた昨日行ったオーレイへ。
ヴァンヌ駅


前日、バスで目的とは違う先のほうへ行っちゃったから、
リベンジしよう!ということにしたのです。
でもこの日は別の街に移動する日だったので、ホテルをチェックアウトし
スーツケース転がしながらだったの。

着いた駅に荷物預り所があるといいなぁと思ってましたが…

小さい駅なので、コインロッカーも何もなく。やっぱりね(涙)

スーツケースごと目的地カルナックへのバスに乗ったのでございます。

で、

この日はバスも空いてたし、運転手さんもとても親切で
「このバス停が見どころから一番近いよ」と言われ
降ろしてもらったのはいいのですが…


カルナックの街
あうう… 街の端っこで、荷物を預けようにもお店が全然ない…


しかも私たち、貸自転車を借りて回ろうと思ってたのに、そんなお店も全然なく。


仕方なく、スーツケースをごろごろ転がしながら、1kmほど手前にある
街の中心街へと引き返したのでございました。
(バスは数時間に一本しかない&フランスには流しのタクシーがいない)


こういうとき、日頃お散歩で鍛えてるカラダが役に立つのよねー。
お犬様のお陰だわ♪


って、喜んでいる場合じゃございません。


日曜日だったせいで、観光案内所がお休み。
一軒目の貸自転車やさんもお休み…


暗~い気持ちでいたら、少し先に開いてる自転車やさんがあった!
ありがたや~。


そこで自転車を借り、スーツケースも預かってもらい、
無事観光に出発できたのです。



そんな思いまでして見たかったのは、これでございます。
巨石群
なんじゃこれ?な光景でしょ。


原っぱに、石がゴ~ロゴロ。
巨石群
しかもこれ、ものすごく大きいのです。


ちゃんと並んでるのよ。
巨石群


この光景が、数か所&数キロに及ぶのです。
巨石群


体力に自信のない人は、プチ・トランでぐるっと回れます。
観光プチ・トラン


さあ、石を眺めながらフランスでサイクリング~♪
風を切ってサイクリング
この写真、私がパパの後ろから片手運転で撮りましたのよ。
(よい子のみなさんはマネしないでね)


これらは一体何かというと、
巨石群


先史時代の遺跡なのです。
巨石群
紀元前4600年~2000年にかけて並べられたらしいんだけど、
誰が何の目的で石を立てたのかは未だに謎なんだそうな。


囲いの中に何かいるね。
何かいる


羊さんでした。
羊ちゃんズ
遺跡の草むしり係なのかな?


巨石群はいくつかに分かれているので、歩いて全部回るのは無理。
巨石群


まったくもう、自転車屋さんがどこも休みだったりしたら
どうなっていたことか。
巨石群


矢印は、とりゅふパパです。石の大きさがわかるでしょ。
巨石群


紀元前に、どこからどうやってこの巨大な石たちを持ってきて
どうやって並べたのかしらねぇ???
巨石群


左の石、サイみたい~。
巨石群


大きさや形は不揃いです。
巨石群
並べることに意味があるわけ?


謎だわ~。
巨石群


これは石室です。
巨石群


延々と向こうまで続いてます。
巨石群


激しく斜め写真になっちゃってますが
巨石群
サイクリングしながらなのでお許しください。


ちゃんと停まって撮れば、こんな感じ?
巨石群
写真の角度を補正してみました。


延々と続くこの不思議な光景、これを見たかったんです~。
単に石が並んでるだけだから、「だからなんだよ?」と思う人もいるかもだけど、
やっぱり来てよかったわ♪


石の野原からサイクリングして海岸に出ました。
カルナック海岸
異世界だね(笑)


しかし本当にお天気が良くて。
去年訪れた地中海のニースやカンヌよりよっぽど暑かったよ。


カフェで腹ごしらえ。
またガレット・コンプレットです。ここのはトマトも載ってました。
ガレット
ガレットの畳み方も店によっていろいろ。

私は、またまたムール貝です。だって好きなんだもーん。
ムール貝
ここのは玉ねぎがスライスだったよ。
このバケツみたいな青いポットに入って出てくるの、地中海風だね。

ブルターニュ・ビール。
ビール
左の瓶のものと、同じ銘柄の生ビールを頼んでみました。

付け合わせのフリット。形が面白いの。
フリット


ちょっとわかりにくいかもだけど、何かでくり抜いたみたいな形でした。
フリット
太さもぶっといよね。



私たちが巨石観察をしている頃、

ポトフはダックスちゃんとまったり~
お泊り中のポトフ


トリュフは
毛刈りされるトリュフ羊


毛刈りをされていたようです(笑)

毛刈りされるトリュフ羊


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


第4回ハスキーオフ会、通称ハスまみれオフ会の受付が始まっています!
参加希望の方は、応募に必要な写真やプロフィールを準備してから
申し込んでくださいね。
ときどき、わんちゃんの性別やお誕生日が抜けてたり間違ったりって
あるのよー。気を付けてね。
名簿用の写真は、正方形に近い形でくり抜きますので、
あまり縦長の写真は向きませんよー。
わからないことがある場合は、気軽に問い合わせてくださいませ~。
(メールフォームは、menu_s にあります。
 右上方のタブをクリックして切り替えると、中ほどにありまーす。)

応募要項や参加受付については、ふーが日記をチェック☆


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
シベリアンハスキーランキング参加中です♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FC2 Blog Ranking もヨロシクね♪

シベリアンハスキーランキング


Menu

プロフィール

とりゅふママ

Author:とりゅふママ
ハスキー犬に魅せられて20数年。
その気ままさに振り回されながらも、
ハス飼いはやめられません。
☆トリュフ ♂  我が家の3代目
優しくておっとりで超美男子だったトリュフは、2014.7.27、お星さまになりました。
☆ポトフ ♂ 4代目ちゃん
トリュフの甥っ子です。
トリュフべったりの甘えっ子だったけど、
だんだんお兄ちゃんらしくなってきました。
☆スフレ ♂ 5代目ちゃん
ポトフの同胎の子。底知れぬパワーで
おにーちゃんズを圧倒しています。
★全員千葉のキングフィールド出身でーす♪

☆トリュフ&ポトフを動画でどうぞ☆
ココをクリックしてね☆

☆ハスまみれオフ関係☆

☆第11回ハスキーオフ会☆
第11回ハスまみれ
2017.12.3(日) 開催決定
*今年は場所が変更になります*

いくつになったの?

☆お知らせ☆

ペットゴー」のサイトで「とりゅふ家の事件簿」が紹介されました☆可愛く纏めてくださっているので、是非覗いてみてね♪
potgo note】←クリック★
ペットゴーノート 


北方犬グッズのお店「イガルーク」
トリュフ&ポトフのオリジナル刺繍グッズが
手に入るよ☆
刺繍入りGジャン
刺繍Gジャン

キーケース
キーケース

☆♪★☆★♪★☆★♪★☆★♪★☆★♪★☆★♪

鼻デカ写真集「WE LOVE THE DOG
WE LOVE THE DOG
トリュフとポトフの鼻デカ写真が載ってるよ♪

この本については、ココをクリック☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ(タブ)

FC2カウンター

☆ランキング参加中☆

ブログ村シベリアン・ハスキーランキング
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

ツイッター

トリュフ&ポトフへのお便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

迷子犬捜索のお願い

横浜のチョコくん(トリュフの弟)が2008年11月末以来行方不明です。
choco150.jpg
詳しくはこちらをご覧ください。何か情報がありましたら「チョコくん捜索専用掲示板」までお寄せください。

Tree-LINK

事件簿BBS

☆掲示板もあるよ☆

事件簿BBS ← クリックしてね☆

愛犬自慢も大歓迎ですよ~♪

ブロとも申請フォーム

FC2ブックマーク

QRコード

QRコード

クール・ドッグ・サイト受賞

クール・ドッグ・サイト受賞サイトバナー
Cool DOG Site of the Day JAPANの
本日のクール・ドッグ・サイト
2010年8月8日 選ばれました☆